マスクにメッセージ

 大坂なおみさんが、黒人差別被害者の氏名をマスクに表示して、2020年全米オープンテニスで優勝しました。使命感が彼女を強くしたと思いました。私にとっての使命感は、双極性障害。もっと世の中に知ってもらって、正しい理解に繋がったら良いなと思って、このブログも書いています。アクセス数はサッパリですが、継続は力なり。更新回数は少ないかもしれませんが、細々と続けていけたらなと思っています。

 大坂なおみさんのマスクのメッセージ性の大きさを感じ、マスクに文字や絵をプリントすることについて検索してみました。わりと簡単にできるようで、作ってみようかと思っています。貼るタイプもあるようですし、布地に印刷するタイプもあるようです。検索したら、色々と出てきそうです。お裁縫は好きではないんですが、チマチマしたルーティンワークはわりと好きです。子供の頃はBB弾が道に普通に落ちていたので、拾って集めてました。海岸に行ったら、貝殻拾って集めましたし、収集癖はあるようです。地味な仕事は結構好きで、延々とやっていられる方です。マスク作りなら、できるかなぁと思っています。まだ詳しくわかりませんが、このワードプレスにはそういう販売機能もあるみたいです。それを使えば、個人売買できるのでしょうか。まぁ、配布する方法は別で考えます。

 私が作りたいなと思ったマスクですが。ドラマ半沢直樹風に「双極性障害」、「疲れています。座らせて下さい」、「体調不良です。ご配慮ください」、「躁状態です。ご注意ください」、「鬱状態です。優しくしてにゃ」等を茶目っ気ある感じでマスクに表現できたらなと思っています。あと、首まであるタイプで首の方に「事情があって長時間マスクできません」と書いてあるタイプも作りたいです。呼吸器疾患や発達障害等の事情でマスクを長時間することが困難な方も居るようです。飛行機でもトラブルになったと報道されていました。言わないとわからない事情は、マスクで表現したらどうかなと思いました。できれば取り外し可能にしたいですが、それだとマスクチャーム。マスクチャームだと、重くなってしまいそうで、難しそうですが、アイデアは色々出てきそう。

 コロナは嫌ですが、個人の努力でどうこう出来ないので、この際楽しんで利用してしまえという発想です。賛同頂ける方、一緒にやりませんか?

Photo by Suzy Hazelwood on Pexels.com
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。