オンライン診療、賛成です!

 コロナの影響で、オンラインが発達してきました。オンライン診療を継続させようというニュースも流れていて、喜ばしいと思っています。私自身はまだオンライン診療の恩恵を受けていませんが、調剤薬局薬剤師という職業柄、オンライン診療の処方箋も対応しています。オンライン診療の恩恵を受けられている患者さんが羨ましいです。私は職場が遠いので、自分の受診の際は有休使う羽目になるんです。オンライン診療ができるのなら、「ちょっと診察行ってきます」と、トイレ休憩のノリで持ち場を離れることができるでしょう。もちろん、オンライン診療にそぐわない場合は多いでしょうけど、オンライン診療ができる場合は可能にして欲しいです。

 以前から「オープンダイアローグ」に興味があります。オープンダイアローグについては、正確に説明できる自信がないので、ご存じない方は別途検索して頂けると幸いです。この、オープンダイアローグ、オンラインでできないのかな?と思いました。検索してみたら、既にやっている方が居ました。もっと広まったら良いです。もちろん、対面でやった方が有効だと思いますが、コロナ禍では大人数が1人の患者のために1ヶ所に集まるのは現実的ではありません。

 「家族もリモートの時代」と書いている方が居ました。確かに、オンラインが発達したら、必ずしも物理的に一緒に居る必要はないのかもしれません。家族の形も、時代と共に変わっていくのかもしれません。

 現代の日本社会は、病気になったら損、という感じがします。受診するのも、仕事していると難しいです。お金も時間も精神的負担もかかります。海外で、普通の有休と受診の有休と別に設定している国もあるようです。そちらの方が良いと思います。病気を抱えて働くのはハンデなのに、制度上の救済策があまりない気がします。もっと制度を整えてくれたら、働ける人は増えると思います。私自身、ギリギリの状態でなんとか働いています。いつまでもつかなぁと思いつつも「双極性障害と診断されても正社員薬剤師で働いてる」という生き証人になりたいですし。でも、自分の健康第一なので、環境を変えた方が良いかなと思わないこともありません。歳も重ねましたし、そこまで正社員にこだわるつもりもありません。私が心地良く生活できることを第一に考えたいと思います。

昨日撮影
これも昨日撮影
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。