血が通った仕事

銀杏の木と青空。本日撮影。快晴で気持ち良い天気

 昨日、以前から気になっていた近所のお店に行ってきました。花屋併設のカフェです。カフェ目的で行ったんですが、少ない従業員でキャパオーバーになっていたので、昨日はお茶は遠慮しました。

 以前から探していた「エバーフレッシュ」の鉢植えが販売されていて、即買い。まさか出会えるとは思っておらず、歩いて行ったので、抱えて歩いて帰る羽目になりました。「これからヨロシクね〜。もうすぐウチだよ〜」と話しかけながら、大事に抱えて帰って来る変な私です。小さいサイズが理想でしたが、これも運命と思い、自分の腰くらいまであるサイズになりました。人生、理想通りにはいきません。

 買う時に、お手入れの仕方を説明してくれました。若めの男性が対応してくれたんですが、オーナーかもしれません。「この人、ホント花とか植物とか好きなんだろうな〜」という感じでした。私も「これ、夜になると葉が閉じるのですよね?ずっと探してたんです〜」と言っておきました。冬季うつ体質・双極性障害の私は、なんか勝手にエバーフレッシュという植物に親近感湧いてしまったんです。ネットで買うと、送料が結構高くて、そのうちどこかで出会えたらと思っていました。エバーフレッシュという種類で、何でも名前をつける私は「エバちゃん」「エフちゃん」「フレちゃん」等々考えましたが、「えっちゃん」になりました。「えっちゃん、寝た」「えっちゃん起きてきた」と、葉の閉じ具合を見ながら楽しんでいます。変な人です、ハイ。

 ちなみに、植物への親近感は、冬季うつ体質を自覚してから強くなりました。ひまわりは、太陽に向かって咲いていて、涼しくなっていくとショボーンと枯れていきます。私もショボーンと鬱になっていくのかしらとひまわり達を眺めていましたが、今年はまだ大丈夫です。何となく、今年は軽い鬱で済むような気がしています。もちろん、昨年のような深い鬱が来る可能性もあるので、油断はしないようにします。昨年のような鬱は本当もう勘弁して欲しいです。

 普段生活をしていて、お客さんになることは多いですが、相手してくれた人間が、その仕事に対して熱意や愛情を持っているのが感じられると、嬉しいような楽しいような気分になります。「血が通った仕事」に感じるんです。同じことするなら、気分が上がる方が良いです。血が通った仕事はまさに人間らしい、です。技術が発達してきて、人でも不足してきて、機械化が進んでいるので、人間らしさは今後の社会に必要な要素になって来ると思います。私自身、人間らしさを求めて行動している時もあります。

 時代の流れなのか、私の生活圏では小売りや個人営業の店が増えました。「血が通った仕事」をしているお店をリピートしているような気がします。多少高くても、熱意や愛情を持って提供されているものはコスパ良く感じます。熱意や愛情を持っていると、その人はキラキラしています。コンビニ等のチェーンのお店でも、接客態度が良いところに行っています。同じコンビニの商品を買うなら、気持ち良く買いたいです。

 私も、今は熱意を持って仕事しているつもりです。仕事はお金をもらうものなので、多少のストレスは仕方がないと思っています。自分の好きなことや情熱を注げるものを職業にしている人は、キラキラしていて素敵です。自分の好きなことや情熱を注げるものを職業にするのは、大儲けはできないかもしれませんが、穏やかに暮らせるお金が稼げるのならば、そんな人生は幸せなのかもと思いました。将来、もっと熱意が持てるものに出会ったり携わっていけたら良いなと思っています。

菊まみれ
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。