「鬼滅の刃」予習中

 最近話題の映画「鬼滅の刃」。そんなに面白いなら私も観に行こうかなと思っています。アニメの1,2話は、自粛期間中に入会したAmazonプライムで既に観ていました。

 「鬼滅の刃」に詳しい人に聞くと「アニメ観てから映画観た方が面白いよ」「アニメで面白くなるのは7話くらいから」と言われました。昨日、Amazonプライムで3-7話を観ました。ここから面白くなるんでしょうか。

 通勤中よく一緒になるバブル世代らしき女性がコーチのバッグに鬼滅の刃のキーホルダーをつけています。炭治郎の柄だとわかるマスクをしている子供もよく見かけるようになりました。ネットで「キメハラ」なんて言葉も出てくるくらい社会現象になっているようです。何人かと鬼滅の刃についての会話をしましたが、同級生の子と2歳歳上男性の2人は「映画は観に行かない」と言っていました。「マンガ読んだし」という理由のようです。若い世代は既に観に行っていて、21歳の子は「2回観た」と言っていました。

 地上波で過去の映画をやっていた時に、8割くらい観ました。基本的に絵が可愛いので大丈夫ですけど、効果音がリアルで、その部分に関しては苦手です。ギリギリ締められているシーンは、自分も締められている気分になって苦しくなってしまうんです。映画館だともっとリアルなんだよな、地上波で放映されるの待とうかな…と躊躇している私です。

 教育には良いみたいですね。特に子供ウケが良いのでしょうか。「キメハラ」なんて悪い方向にいかず、大人も子供も関係なく、良いものは良いところを吸収して、社会全体で発達していって欲しいものです。もっともっと優しい世の中になって欲しいです。

 とりあえず、8話以降もAmazonプライムで観て、映画を観に行こうか決めようと思います。人それぞれ。私は私の道を行きます。

たまには白いお花
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。