コロナと私の3連休

 3連休に突入しました。1週間、仕事頑張りました。

 コロナが増えてきてしまいました。ただ、私は地方在住で、私の居住地では新規感染者はゼロです。隣の市で1名、新規感染者が出ていますが、その他の隣の地域はゼロ。ポツポツ出ていますが、クラスターにならず、収束している感じが続いています。

 私は3連休中、1つだけ人と物理的に関わる予定が入っています。ゴルフラウンドです。コロナ新規感染者が増えている中でどうするか?と色々検討し、そのまま参加することになりました。お誘いを受けて、参加することにしたもので、誘ってもらった側からも現時点で中止の連絡は来ていないです。ゴルフラウンドとなると、4人でプレーするので、お昼ご飯も4人で会食になります。私は4人のうち、1人しか知らず、その方も数回しか会ったことがないので、会話は弾まないと思います(^^;)。なので、静かなランチとなることでしょう。ゴルフの場合は、次のスタート時間が決まっていますし、その前にトイレにも行きたいし…と、短時間での食事になります。私含め皆さん40代なので、症状が出ていれば参加しないでしょう。そこまでの元気もないので、飛沫が飛ぶようなことはない感じになると思います。先程、ゴルフ場のHPで確認したところ、ゴルフ場側もコロナ対策をバッチリしているようでした。一応、全体では12人の集まりになりますが、私が個人的に知っているのは12人のうち2人だけです。ほぼ初対面なので、大人しく猫かぶっていようと思います。

 日本人全員が活動を止めたら、日本社会が止まります。それによって、死活問題になる人も居ます。コロナ対策をバッチリした上で、社会活動ができる者は社会活動しないと、日本社会が死んでしまいます。

 私自身、双極性障害当事者で、自殺未遂をして精神科閉鎖病棟に入院し、社会復帰した人間です。日本社会が生きていたからこそ、助けてもらえました。社会が止まっていたら、困っている人間を助けられなくなります。私も一度、自立できなくなり、社会に助けてもらいました。人間生きていれば、自立できない時期もあるでしょう。機械ではないので、そういう期間があることも人間らしいとも言えます。もちろん、そんな時期がない方が幸せですが、理想通りいかないのが人生。理想通りいかないからこそ、人間であり続けられるとも言えます。困っていて助けが必要な時は余裕がなくて「自分なんて社会に必要ない」「自分なんて居ない方が良い」「こんな自分を助けてもらうのは申し訳ない」等考えてしまうのも、人間だからこそだと思います。

 助けが必要な時は、助けてもらって欲しいです。私だって助けてもらいました。そのとき助けてもらって、あとで恩返しすれば良いことです。私は、今は社会復帰して、正社員薬剤師やってます。一度社会から離れた時は、もう二度と社会復帰できないと思いました。あの頃に戻って、自分に今の私を見せてあげたいです。まさか、正社員薬剤師に戻って、休日ゴルフしているとは…。自分でも、よくここまでになったなぁと思います。これからは、双極性障害の波の影響をできるだけ少なくして、社会活動を続けて、納税も続けていきたいです。それこそ、私ができる恩返しと思っています。

 助けてもらっていない時は、気づかないところで他人を助けています。買い物するだけでも消費税納めていて、その税金は誰かの助けになっているとも言えます。今まで助けていたんだから、今度は自分の番で助けてもらう、と考えると、助けも受けやすくなるのかなと思います。持ちつ持たれつ。お互い様です。

 ゴルフ用のマスクも購入しました。スポーツ用なので、下があいているんです。絞れるようになっているんですが、食事中は緩めて、マスクの下から食べようかしら…。とりあえず、最大限の努力をして、感染しないように頑張ります。そして、ゴルフを楽しみたいと思います。一応、その日に向けて私なりに練習しました。

 それ以降は、人との予定は入れていません。行きたいところがあったんですが、人と関わることなので、我慢します。1人で買い物、1人で散歩、テイクアウト購入、オンラインでの活動…コロナ感染対策をしながら社会活動はいくらでもできます。なんとなく危険を感じたら引きこもろうと思っています。こういう時は直感も大事です。

 コロナ対策は、双極性障害対策と似ています。私の双極性障害の波は、完全に抑えることはおそらく不可能です。ある程度の波は仕方ありません。でも、その波にのまれず私なりの人生を歩む…コロナの波にのまれず自分の人生を歩む…似ている気がします。どちらも、自分の努力だけではどうにもならない時があります。そういう時は引きこもって、波が過ぎ去るのを我慢して待つしかありません。なんにでも通じることなのかもしれません。

 皆さんと一緒に頑張りたいです。日本社会が死なないよう、各自最大限努力して「そんな時もあったね〜」と、あとで笑いあいたいです。

パンジーの季節
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。