共生社会へ

 私の住んでいる地域は、コロナが少し落ち着いてきたかなと思っていたら、昨日午後から空気が変わりました。私の居住地は新規感染者ゼロが続いているんですが、近隣市町村、勤務先の地域はポツポツ新規感染者が連続報告されています。一桁ですが、そこまで医療が充実した地域ではないので、まだまだ我慢。1件何かが起こっただけで、ガラッと空気が変わります。私自身は、疲れるので電車・バス通勤に戻したいですが、車通勤継続します。鬼滅の刃の映画も観に行きたいけれど我慢します。意味はないのかもしれませんが、未知のウイルスなので、念には念を入れます。極力人との接触を避けるつもりです。私なりにできることを頑張ろうと思います。

 昨日、テレビを観ていて、某市長が「医療従事者には申し訳ないが、コロナに年末年始は関係ないので通常常務体制で乗りきっていただきたい」と言っているのを聞いて、イラッとしてしまいました。私は某市民ではありませんが、某市で働いている医療従事者の方に失礼なんじゃないの?と思ってしまいました。コロナに年末年始が関係ないことなんて、皆さん承知しています。「市長の立場で、年末年始休みなしで働けって言うの?あまりに配慮がない言葉じゃない?」と思ってしまいました。必要があればそりゃ働くでしょうけど、感染リスクのないところで安全確保されている市長という立場の発言としてはいかがなものかと思ってしまいました。市民に対する情がない、と言うか…。あえて言葉にする必要があったんでしょうか。それじゃ医療従事者、辞めちゃうよ…。

 その点、東京都の小池知事はよくやっているなと思います。「5つの小」を紹介した会見の時に「医療従事者の皆さんに、年末年始休んでもらいたいじゃないですか」「共に(だったかな)頑張りましょう」と言った情のこもったお顔が良かったです。色々大変そうだなと感じつつも、さすが今まで色々乗り越えてあの地位に立った女性という感じで、「東京都知事は小池さんで良かった」と思います。私は東京都民ではありませんが「小池さんが言うならついて行く」という気になれます。もちろん、私の地域の長も悪くはないのでついて行くつもりです。有事の時は、リーダーって大事だなと思います。

今朝撮影。曇っていたのでイマイチですが、この公園で今一番綺麗な紅葉の木です

 これからは「共生」の時代かなと思っています。コロナの影響で、資本主義社会だけでは無理があることを誰もが痛感したと思います。AIが発達してきましたが「人間の想い」は強いなと思います。これからは各自の「想い」を尊重し合った思いやりのある共生社会になって欲しいです。

本日一番綺麗に撮影できたと思ったバラ園のバラ

 コロナ関連のニュースを観ていると、看護師さんの退職理由が周囲の無理解だったり、自殺の原因が社会的孤立だったり、結局は人間が原因。発端はコロナかもしれませんが、人間社会の問題点を浮き彫りにしたような気がします。みんなで問題点を共有して、みんなで改善して、みんなが生きやすい世の中になったら良いです。

最後はサザンカ
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。