病気で儲けることは悪いことか

 「物は言いよう」とは、よく言ったもんだなと思います。「病気で儲ける」という言葉にすると、悪い印象を受けます。「病気の経験を広める」という言葉にすれば、それにお金(適度な)が付随していても、悪い印象ではありません。

 「働く」ということに対して「自分の能力を発揮する」等の言葉が使われることがあります。「能力」は、その人に元々備わっているもの。病気もその人に備わっているものとも言えます。「能力」も「病気」も考え方次第では変わらないのでは…と思ってきました。

 私の場合は、診断名としては双極性障害ですが、現在は双極性障害の薬の服用はありません。予防薬と言われるものを試したものの副作用が出てしまい、日常生活ができなくなってしまいます。薬はメリット・デメリットでメリットが上回る時に服用すべきと思っているので、私は今は服用する必要はないと判断しています。精神科主治医と相談していますし、月1回は受診するようにしています。頓服薬は何種類か持っていて、症状が出てきたら頓服を服用して、できるだけ早く受診して主治医と相談して新たに薬を処方してもらうつもりです。去年はたぶん半年以上症状が出ていて、かなりしんどい時期を過ごしました。あのしんどさは、経験したことがない人にはわからないです。私の双極性障害は「しんどさを感じる能力」とも言えます。そんな能力要らなかったし、今すぐ返上したいですが(TT)

 双極性障害は見た目ではわからない疾患で、症状が出ていた時に関わった人達に聞くと「そうだったの?」という反応でした。自分の双極性障害の経験を通して「見た目ではわからない困難」というものに対しては敏感になったように思います。世の中の出来事に対しても、そういう困難を感じられない人よりは、深く考えることができているんじゃないかなと思っています。悪いことばかりじゃない…と思いたい。

 子供の頃、見た目でわかる違いを利用して物乞いしている場面をテレビで観て、不快な感情が湧きました。たぶん、その見た目でわかる違いを利用している人の雰囲気が悲壮感に満ちていたからだと思います。最近、一般的には評価されない見た目や障害をプラスにしている人を見かけるようになりました。以前はテレビに出る人は、やせ形で見た目が良い人ばかりだったように思いますが、芸人さんがそれを崩していったように思います。少し太り気味な芸人さんも居ますが、明るくて全体的に可愛らしいので好感が持てます。モテない・年齢がいっている等の一般的に評価されていないことも、綺麗に笑いに変えているのは素敵です。あそどっぐさん等は、なんか自分の使い方が綺麗です。ありのままの自分を綺麗に使って、自分のやりたいことに繋げていると、輝いて見え、不快な感情は湧きません。

 双極性障害に関しても、ユーチューバーやTwitterでウリにしている(?)人を見かけるようになりました。何をウリにするかは人それぞれで、受け手が嫌な感情を抱かないのであれば、それは綺麗な使い方なのかもしれないなと思いました。

一昨日出勤前に撮影のバラ

 コロナ禍で、仕事に従業員が合わせるのではなく、従業員に仕事を合わせる働き方も進んでいるようです。従業員に無理させることになるので依頼された仕事を断る企業、従業員雇用に必要な仕事量を決めておいてその仕事を終えたら帰れる制度にしてみんな早く帰りたくて頑張る企業、等テレビで紹介されていて、なるほどなと観ていました。これからは働く人に優しい社会になるのかもしれません。何か起こると失業する働き方より、ある程度の収入維持で安定した働き方の方が、心穏やかに暮らせます。

黄色いバラは元気が出ます

 今日は鬼滅の刃を観るため、早めにブログをアップしました。私はテレビアニメしか観ていなくて、コロナが落ち着いたら映画を観に行こうと思っている段階です。今日テレビでやる部分は、テレビアニメの最後の方みたいで楽しみにしています。見所いっぱいだったのに駆け足で進んじゃったなと思っていた部分で、観ようによっては深いところだと思っています。傷ついている人間を一瞬で癒す言葉もありました。登場人物の目に輝きが戻る瞬間は、アニメとわかっていながら感動する単純な私です。ああいう言葉を発せられる人間になりたいものです。

最後は綺麗系

 私は来週いっぱい仕事すれば年末年始休み突入です。来週は混みそうですが、9連休と思えば頑張れます。最終日にフランス料理弁当を注文してあって、仕事終了後受け取りに行って自宅で食べる予定です。私なりの「お疲れ様」弁当です。

 寒い日が続きますが、お互い体調管理気をつけましょう(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。