第30回日本臨床精神神経薬理学会ONLINE

 私は、双極性障害当事者で、もっと鬱症状をコントロールできたらなと思っています。そのための情報収集の1つとして、「日本うつ病学会」のHPをチェックしています。先程HPを見てみたら「第30回日本臨床精神神経薬理学会ONLINE」の情報が載っていました。詳しくは、リンク貼ってあるので、そちらからお願いします。

 事前申込は既に終了しているようですが、2021年1月6日(水)ー1月10日(日)に後期・当日参加登録申込ができるようです。学会は2021年1月9日(土)・10日(日)の2日間で参加登録費5千円。内容見てみましたが、双極性障害のことはもちろん、ルラシドンやヨガ等多種多様。私でも参加できるのかな…。1月6日になったら申込してみようと思います。オンライン開催なのでコロナ感染の心配もないし、コロナのせいでどこにも行けないですし。

今朝出勤前に撮影。ロウバイ?レンギョウ?

 コロナの影響で、電話診療が多くなってきました。「待たなくていいから楽だね〜」と、とある患者さんが言っていました。診療の仕方も変わっていくのかもしれません。採血だけ採血センターでやって診察はオンラインにすれば、実際に病院に行かなくて良い患者さんも居ると思います。私自身は、精神科(月1回)、婦人科(年1回)、泌尿器科(半年に1回)に通院しています。どれもオンラインにはなりにくいかな…と思っています。私自身主治医と会って話す事自体を楽しみにしているところがあります。主治医の前では、頑張らなくて良いありのままのただの患者で居られます。特に、精神科主治医には「先生、私元気で働いてます〜」と実際に見てもらいたい感情も少しあります。私なりに再発予防に色々やっていますが、その努力はあえて言う機会は少ないですし、その価値をわかってくれる人もあまり居ないですから。まぁ主治医も、どこまでわかってくれてるかわからないですけどね。

 婦人科は内診があり、泌尿器科もエコー検査があるので、実際の受診が必要です。私自身がオンライン診療の恩恵を受ける機会はまだ先のようです。仕事では、電話診療ではFAXで処方箋が来るので、時間的余裕があって助かっています。そのうちAmazon薬局なーんてできちゃうんだろうな…。

本日も快晴でした

 私の住んでいる地域は、少し寒さが和らぎました。でも、また今週末寒くなるようです。お互い体調管理に気をつけましょう(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。