お金をかけずに楽しむ

 今日は年末年始休み1日目ということで、9連休を過ごす準備をしました。まず、図書館に行きました。真山仁さんの「バラ色の未来」を借りていたんですが、読了できず、返却期限がきてしまい、返却しました。またの機会に読ませて頂きます。真山仁さんの作品は、私には読み応えがある作品が多いので読むのに時間がかかってしまうんです。冬季うつ体質の私は、この時期普通に仕事がある期間だと真山仁さんの作品はキツいことを学習しました。夏に読もうかな。

 9連休だし、ということで、6冊借りてきました。返却日は1月16日。何冊読めるかな〜。読みたい本は何冊かあるんですが、地方の図書館には置いてないのが悲しいところです。電子書籍で購入するという手もあるんですが、電子版がなかったり、お金を出す勇気がなかったり。コロナ禍ということもあり、「在るもので済ます」ことにしました。

 図書館には徒歩で行ったんですが、途中の花屋さんで現代風のお正月飾りやバックチャームが並んでいて、つい魅入ってしまいました。私は元々ケチですし、理系頭のところがあるので、お正月飾りに関しては「お金を出す価値がない」と思ってしまいます。「文化だから」と押し付けられることに抵抗があるのかもしれません。私自身が価値を納得できれば買いますけど、変なところが先進的と言うか偏屈と言うか。

 これなら買っても良いなぁと思いつつ、まずは図書館に行こうと出直すことにしました。図書館で6冊借りて、図書館の本消毒装置で消毒し、重たいので一度帰宅。その後セブンに行って、お昼を購入して帰宅。お昼を済ませて、少しゆっくりした後、その花屋さんに行きました。

 いざ買おうとすると「コスパ悪くね?」と疑問が湧くケチな私。「自分で作った方が楽しいし」と、方針転換。花屋の近くの100均でオアシスを購入し、別の花屋で切り花購入。切り花は、悩んだ挙げ句、ピンクのチューリップ・赤のチューリップ・かすみ草で380円、黄色い花100円、にしました。レジに持って行くと、黄色い花の方はかなりしおれているのでお金頂けませんとサービスしてくれることに。380円で良いと言うので、戸惑いつつも、プロ根性に敬意を表してお言葉に甘えました。商売大丈夫でしょうか…。でも、これからの時代はそういうプロ根性があるお店が残っていくんですよね。私は元がケチなので、花を買うことはほとんどないんですが、またこのお店で買おうという気になりました。毎月500円でお花を送ってくれるサービスもネットで見かけますが、毎月500円花代に使うと決めて、自分で花屋で買った方が楽しいかなと思っています。ケチな私には毎月500円は難しいかなぁ…。

 帰宅して、昨日のテイクアウトのスープの容器をゴミ箱から拾ってきて洗浄。オアシスをナイフでカットしてIN。チューリップとかすみ草は花瓶の方が良いかなと、青い花瓶に投入。庭に千両が実を付けているので伐採してきました。白い花も使えそうと伐採。オアシスにちょんちょん…。そして、できた作品が以下。

習ってないので我流です

 花代タダですよ〜。オアシスも100均で買ってカットしたので、実質20円!20円に見えない〜と、自画自賛。最初に行った花屋さんに持って行ったら2千円で並べられますよ。100倍。そう思うとニンマリするケチな私です。

 お金をかけなくても楽しむことってできるなと思ったので、ブログ記事にしてみました。コロナ禍で時間ができた人も多いと思うので、「いかにお金をかけず楽しむか」を目標にしても良いかなと思いました。

途中で撮影

 今日の東京のコロナ新規感染者はついに…という感じでした。トリアージが現実的になってきたように思います。理想と現実は医療の現場にもあります。私達国民が招いた結果なので、受け入れなければいけない現実です。私は東京都民ではありませんが、40代女性なんて元々救急搬送は嫌がられる部類です。さらにコロナ禍なので、救急搬送される状況にならないことを普段以上に気をつけなければと思います。リスクを考えたら、ナマモノも控えようかなと思ってしまいます。寒いと抵抗力低下しますし。冬季うつ体質なので、元々冬は苦手です。例年以上に気をつけようと思います。

もう1枚。上から撮影の20円の作品

 お互い体調管理に気をつけましょう(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。