ドラマ「にじいろカルテ」

 昨日、ドラマ「にじいろカルテ」観ました。以下、ネタバレありなのでご注意ください。

最近、梅の花がどんどん咲いていく様が楽しみです

 昨日は初回でした。主人公の20代女性医師が難病を抱えてしまい。難病を隠してとある村の医師募集に応募して採用され。隠していたことを告白するも受け入れてもらえる、というストーリーでした。観ていて色々連想しました。

 私は双極性障害で、現在の会社在職中に自殺未遂してその後自宅療養中に双極性障害とわかり…という流れなので、自然にカミングアウトしています。私の場合は、カミングアウトするかしないかという問題を抱えませんでした。診断後に入社した人にも、状況に合わせて伝えるようにしていました。私の場合は双極性障害Ⅱ型(たぶん)なので、メインは鬱症状。そこまで周りに迷惑をかけることにはならないだろうとは思ってはいます。でも、双極性障害という病気は「主観と客観がズレる病気」とも思っているので、自分では迷惑をかけていないと思っても迷惑かけている場合が生じることは予想できます。事実を知っていれば我慢できることも、その事実を知らなければ我慢できないということは、身をもって知っているので、積極的に伝わるようにしています。職場に「○○(私の名前)の取扱説明書」との付箋を貼った双極性障害の本を置かせてもらったり、上司から伝えてもらったり、カミングアウトの方法は工夫しているつもりです。

赤い梅も、次々と開花中

 カミングアウトは難しいです。ドラマの主人公の場合は、偽って応募したことになるんですが、受け入れてもらえて良かったです。私は双極性障害のちょっとしたピア活動をしているんですが、カミングアウトに失敗した話、カミングアウトに悩む話はよく聞きます。自分の個人情報をどこまで周りに開示するかは個人の選択の自由と、個人的には考えています。ただ、社会で生きる以上、開示しないと状況的に良くないという現象は起きるわけで、そこをどううまくやるかは、工夫が必要かもしれません。相手にも事情があるので、自分の事情ばかり押し付けるのは、社会人としてはいかがなものかと思います。その状況を考えて、どの方法をとるのがお互いにとって一番良いか考える必要があると思います。

 ドラマの公式HPを観ると、今後周りとの付き合い方も失敗しつつ学んでいくのかなという感じで、続きも観たいなと思いました。木曜日夜10時朝日テレビ系列です。週の後半の夜10時は私には結構キツい日時なので、Tverで観ることになると思います。

 主題歌がまた良いんです。気になっている藤井風さんの曲です。この方の曲はどの曲もカッコ良いと言うか。音楽に詳しくないので言語で表現できませんが、何となく好きです。以下の曲は、ドラマの主題歌ではありませんが、好きな曲。ドラマの主題歌はまだ配信前なのかな。

 コロナ禍なので、ドラマも観そうです。他に観ているドラマは今のところ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」。観続けるかは微妙ですが、今のところ2連続で観ています。

 その人にどんな事情があろうと、受け入れられる優しい社会に生きたいなと思います。

今朝撮影の十月桜
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。