「気分障害の臨床を語る」

 「気分障害の臨床を語る」を読みました。

 この本の存在を知って、有体物を買おうか迷ったんですが、結局Kindleで購入し、今読み終えました。途中、サラサラ読みになりましたが、興味があるところはしっかり読みました。個人的には、とても面白かったです。より現場の精神科医がどのように診療に向き合っているのかがわかりました。診ていた患者さんに自殺されてしまったエピソードが一番印象的でした。私の主治医も、そういう経験あるんだろうなと思うと、それでも診察を続けてくれていることに感謝です。一般の当事者の方には面白くない本かもしれません。

 著者の3人の精神科医は、双極性障害関連でみかける精神科医です。先程、3人のうちの2人が六番町メンタルクリニックに診察に来ている(?)ことを知って驚きました。ピア活動をしていて、K先生の話が出て、今は順天堂ですよね〜と話していて。そう言えば、六番町の方はどうされたんですかねとHPを見てみたんです。K先生は外れていましたが、錚々たる顔ぶれにビックリ。「えーこの先生、六番町で診察してたっけ?」と驚いた先生が2人居ました。私が知らなかった、気付かなかった、だけかもしれません。著者の1人の先生は以前から六番町に名前が載っていたような…。

 患者からすると、医師が移動して診察してくれるのは有り難いです。新幹線で移動して診察してくれている医師は多いです。オンラインも発達して欲しいですが、精神科の場合は実際会った時の雰囲気も診察に影響するでしょうし、他の科でも検査機械の状況があります。手続きが大変という話を聞いたことがありますが、それこそ河野大臣・平井大臣に手続きの簡略化をお願いしたいものです。

カラスノエンドウ発見!春ですね♪

 私は双極性障害とわかって、もうすぐ5年です。自然と双極性障害関連で出てくる精神科医の名前は覚えてきました。講演会や集い等で生で観たことのある精神科医も複数。良いんだか悪いんだか。

 ちなみに、私の精神科主治医は、そういうところでは見かけません。でも、気に入っているので、入院時からお世話になっています。地方在住ですし、コロナ禍なので、自分で病院や精神科医を選べる状況にありません。私自身は、一般的に名前の知れた精神科医が、自分の主治医にふさわしいとは限らないと考えています。通院しやすさ、入院できるか、相性、等現実的問題があります。

水仙は満開

 明日からまた仕事です。今週は祝日があって嬉しいですが、私にとって思い出深い日があります。5年前の祝日明けに自殺未遂してしまったんです。今から振り返れば良い思い出ですが、ひどい鬱はまた私を襲うんでしょう。嫌だ嫌だ。去年は相当ヤバかったです。自殺未遂記念日(なんじゃそりゃ)は、お祝いでもしようかしら。

 この本を読んでさらに、ECT(電気けいれん療法)は、私には効果あるのかも…と思いました。以前から気になっているんです。怖いですが、あの鬱はもう懲り懲り。あの鬱が来るなら殺してくれという感じです。次回の鬱に備えて、ECTについても調べておこうと思います。通院先で受けられると良いんですが。

 将来的には、ピンポイントに電気刺激を加えるという方法もアリではないかと思っています。私個人の感覚的ですが、脳の神経伝達が狂っている感じがあります。何かちょっとした刺激を加えて再起動させることが一番効果的な治療のような気がします。あくまで私の場合、です。ただ、某精神科医はキレイなけいれんが起きた方が効果が出ると某ブログで書いていたので、全体的な電気刺激が必要なのかもしれません。脳のAED、という感じでしょうか。

 この本の著者の方の別の本も読みたくなりました。本屋で見かけたことがなかったので、本を書かない精神科医かと思っていました。検索したら複数書いていて、今まで気付かなかったことを後悔しました。実際私の再発予防には役立たないかもしれませんが、真摯に双極性障害に向き合ってくれている精神科医の存在を知ると、勇気づけられます。私も患者として、真摯に双極性障害に向き合います。

数日前撮影の春の雑草3色

 今までのパターン的に、今年は鬱症状が出ないか軽度で済むと思っています。光療法も、今は仕事の日だけ、光目覚まし時計で目覚め、着替え時に光療法の機械を照明代わりにしているだけです。冬季うつ体質の人のブログはチェックしているんですが、皆さん調子悪そう。私が調子良いということは、季節性感情障害と双極性障害を併発している、ということになるのかな…。

 昨日ゴルフの打ちっ放しに行ったおかげで、何となく体の調子は良くなりました。運動不足過ぎて体が重いという感じがあったんです。多少改善された気がします。たまに汗をかくことも必要ですね。やや筋肉痛のような感じはありますが、心地良い疲れという感じです。コロナが落ち着いている時は、ゴルフ打ちっ放し練習くらい行こうと思います。運動不足で他の病気になってしまいます。双極性障害に関しても、冬季うつ体質に関しても、コロナに関しても、現実的落としどころを探って、上手に生きていかないと。

 明日は寒くなるとか。お互い気をつけましょう(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。