人との距離感

 某アイドルグループが解散するとのことで、人との距離感について考えてみました。私は双極性障害で、鬱症状が出た時は人が怖くなります。他人が気になって仕方なくなり、最後は私なんか要らない死んだ方が楽、なんてなってしまうんです。困ったもんだ。鬱症状が出てない時は、人は怖くないし、それなりに楽しんで生きています。本当に、双極性障害って面白い病気です。

 人との精神的距離感が変わるのかなと思っているので、極力人との関わりは避けるようにしています。調子が良くなると新しい人間関係を築きたくなるんですが、我慢するようにしています。鬱症状が出た時に、その人間関係で苦しむので、極力人間関係は浅い方が良いです。私が無自覚で新しい人間関係を築こうしていると、ブレーキをかけてくれる人も居るので心強いです。

シダレザクラって書いてあったかな

 職場での人間関係は難しいですよね。仕事のために集まったチームなので、気を使うのは当然だと思います。

 私は職業柄、複数の職場を経験しています。一番嫌なのは、マウントしてくる人でしょうか。たぶん、自分の人生を否定したくなくて、その人とは違う人生を歩んでいる私を見下して、自分の人生を肯定したいんでしょうけど。マウントされる方はたまったもんじゃないです。「ある程度の年齢まで一度も結婚したことがないって、人間として問題がある」とか聞こえるように言われたことがあります。独身の私は「人間として問題があって申し訳ないです」って思っちゃいました。まぁその人のモノサシでは、私は人間として問題あるので仕方ないですけど、聞こえるように言わなくたって良いと思います。聞こえるように言う人の方が、人間として問題あると思うので、反論するのもバカらしい。相手するだけ時間と精神の無駄です。結婚は個人の自由なので、他人にどうこう言われたくないです。まぁ私自身、人間として問題あると思っているので仕方ない。でも、問題ない人間なんて居ますか?そもそも問題ってなんですか?

 「40代以降はババア」と言われたこともあります。これまたババアの言葉のイメージで人によって受け取り方が違うんでしょうけど、一般的には負のイメージですよね。Wikipediaで検索したら「主に成人女性、特に高齢女性に対する侮辱した呼称。くそばばあ等の酷い蔑称の意味を含む表現に用いられる」と書いてありました。侮辱されたと思った私は翌日有休取りました。結局ヘルプ要請が来て、ヘルプ先に出勤しましたけど。ヘルプ先で愚痴聞いてもらいました。上層部に言った方が良いのでは?と言われましたけど、我慢しちゃいました。我慢しちゃいけないのかもしれませんが、上層部に言った後の影響を考えると、結局また私が嫌な想いをするだろうなと思ってしまいました。年齢は自分の努力でどうすることもできません。加齢は自然現象。女性は若い方が良いという価値観なんでしょうけど、これまた相手にするのもバカらしい。成熟した女性という意味で言っただけですとか、そんなことは言っていないとか、結局そんな話になりますからエネルギーの無駄です。「どうぞ若い女性と男性でやって下さい。さようなら」という感じです。その後異動になったので、さよならできて良かったです。昔の話です。

これもスイセンらしいです

 薬局薬剤師で働いていると、事務さんはとても重要な存在です。薬剤師しかできない業務はあるんですが、それ以外のことを率先してやってくれる事務さんは本当にありがたいです。薬局業務の雑務は事務さんがやってくれるので、働き者の事務さんは助かります。今居る職場の事務さんは、本当に良い人材で助かります。ストレスになる事務さんも居るので、私のような気にし過ぎるタイプの人間には、事務さんがどういう人間かは重要です。

 今の職場に来た時は、双極性障害の鬱症状が酷くて、休んでしまったこともありました。「ついていけません」とか言ってたし。我慢してくれた周りに感謝です。今もそれなりに気を使ってくれているんだろうなと思います。病気は私のせいではないけれど、やっぱり申し訳ないなと思ってしまいます。

ジンチョウゲ?

 話が逸れましたが、人との距離感はTPOかなと思います。職場は好きで集まったメンバーではないので極力気を使った方が良いかなと思っています。私はつい立場もわきまえずズケズケ言うので気をつけたいです。あまり精神的に近づかず、距離を保った方が良い関係を築けるのかなと思っています。暇になるとついプライベートな話をしがちですが、気をつけようと思います。

 程良い距離感が良い関係に繋がるのかなと思っています。私は人との距離感が双極性障害の症状によって変わってしまうので、気をつけたいと思います。そして、他者へのリスペクト。その人はその人なりの考えで生きているので、批判せず受け入れて、自分と同じようにリスペクト。

 なんだかまとまりがなくなりましたが、自戒を込めたブログでした。

コブシ

 今日、コロナワクチンを接種したという人の実体験を聞きました。射ったところがしばらく痛かったけど、発熱等変わったことはなかったとのことでした。私はいつ射てるのかな。何の連絡もありません。

 では、また(^-^)v

最後は十月桜…かな?
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。