主治医の転勤

 3月ということで、色々な方面から、自分の主治医が転勤してしまうという話を聞きます。私は、婦人科、泌尿器科、精神科にかかっていますが、主治医が変わったのは婦人科だけです。転勤なのか退職なのか産休(女性だったので)なのか、患者の私にはわかりませんでしたが、居なくなりますと言われたら仕方ないです。お礼を言って診察を終え、次も女性医師が良いと希望(差別ですかね…すみません)し、今の主治医に変わりました。

久しぶりに我が家のビオラ

 精神科主治医の転勤は、2人かから聞きました。1人目の人は、主治医が変わることに慣れていると言うか「よく変わるよ」と言っていました。主治医が変わることについて、あまりに気にしていないようです。あまり自分の病気について積極的ではないタイプですが、通院は続けているようです。

 2人目は、主治医の転勤をきっかけに、双極性障害で有名な医師のところに転院しようとしているようです。今までの診療に疑問を持ちつつも主治医を変えるのは悪いような気がするというタイプだったので、転勤は良いきっかけになったようです。

最近フリージアが咲き始めました

 受診するのは当事者で、診療は当事者と主治医との契約とも言えます。診察を受けてみて、納得いけば通院すれば良いし、納得いかなければ主治医を変えたり転院したりすれば良いはずです。ただ、地方だと「通える範囲で病院がない」等色々な事情があります。現実的な判断が必要になってきます。難しいですよね。1回の診察で判断するのも難しいし、冷静に判断する状態にない場合もあります。冷静に客観的に判断できない状況で、時間だけが過ぎて、実は害になっていた、というパターンもあるでしょう。どちらにも悪意がないので、切ない限りです。

 少し観ていたドラマ「神様のカルテ」で、癌の可能性が高いということで臓器を摘出してしまったんですが、摘出した臓器を検査したところ癌ではなかったことがわかったという話がありました。孫は激怒。でも、患者が自分が判断したことで、摘出しなければ癌じゃないかわからなかったんだし癌の心配がなくなって良かったって感じで言ったんですよね。主人公の主治医はそりゃ落ち込んでいて、病院でも問題になったけれど、周りの助けもあって法的問題に発展しませんでした。後で文句言うのは楽なんですよね〜。主人公は最善の治療のつもりで、真摯に対応していて、患者も周りもそれを知っていたから丸くおさまったんでしょうけど、現実はそうはいかないんじゃないかなと思ってしまう私です。医師という職業は大変だ…。もちろん、医師の判断に従う周辺の医療従事者も大変です。

 精神科の場合、自分のせいなのか、病気のせいなのか、医師の処方のせいなのか、わかりません。だからこそ、患者と医師の信頼関係は大事なんじゃないかなと思います。平均したら1ヶ月に数分しか合わない人と信頼関係を築くのは難しいです。信頼したい、信頼するか…という感情が現実的な気がします。もっと話をしたいけど後ろの人待ってるしな〜とか思っちゃうんですよね。私の場合は、閉鎖病棟入院中からお世話になっている主治医で今までの経緯から人間的に信用しています。人によっては「信頼するしかない」という状況の人も居ると思います。客観的判断材料がないというのは困りますが、その中でやるしかありません。短い時間で信頼できるか判断する努力は、患者側にも必要です。努力しないと、結局自分に返ってきます。

昨日撮影。何の花でしょう…

 長く患者をやっていると、最初に受診する時に色々考えて受診すべきということを学習します。診察時間、こういう病院は医師が転勤する、ここは入院施設がある、ここはこういう機械がある、ここは予約制、ここは待ち時間が長い…等、長期通院するとなると大事なことです。

 精神科主治医の転勤は嫌ですね。もし、私の主治医が転勤すると言ったら、私は主治医の転勤先に転院しようかな。年齢的に退職してしまう可能性もあり、そしたら困ります。薬はあるし、調子は受診する程でもないし、病院もコロナの影響であまり受診して欲しくないようなので、1月から精神科は受診していません。4月に受診予定ですが、主治医が居なくなっていたらどうしようとちょっと心配している私です。

昨日撮影のカラー

 今日は雨なので、1日引きこもりです。おかげで良い曲に出会えました。

 では、また(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。