間に入ること

広告

 私の職場で、おめでたい理由の退職者が出ることになり、代わりの人材の件でゴタゴタしていました。さすがにマズいなと思って、ダメ元で私が動いてみたところ、良い方向にいくかも…という流れになっています。まだどうなるかわかりませんが、私が間に入ったのでできた流れです。間に入ることって大事なんですよね。

先程撮影。コスモスですよね?早すぎません??

 当事者同士だとうまくいかなくても、利害関係のない第三者が入ると、うまくいくこともあります。

 今回の職場騒動、退職者が退職してから、新しく入って来るまでに補充が必要なんです。私は協力しても良いなとは思っているんですが、私から言い出すと、給料変わらず勤務時間が増えることになりかねません。会社側から打診されれば、こちらも条件次第で応じますが、条件交渉もしにくいんですよね〜。私の場合、双極性障害があるので、極力無理はしたくありません。健康な人からしたら「は?」と思うことも、私には重要だったりします。それに、会社事情で勤務時間・仕事量が増えて何もナシは納得いきません。普段からよくしてもらっていますし、退職する子を気持ち良く送り出してあげたいので、それなりの額で応じるつもりです。ちなみに、知人には「辞める子を気持ち良く送り出したいなら、高額請求しないと。自分が辞めるせいで誰かが犠牲になって、気持ち良く辞められる?」と言われています(^^;)。それも一理ある…。間に誰か入ってくれたら良いのになと思っています。間に入ってくれること、重要です。

ビヨウヤナギ発見

 間に入るのも、人間社会では重要なことだなと思いました。生きていれば、間に入る機会はあると思います。通りがかりでトラブっている2人が居たら、「どうされました?」と声かけるとか。もちろん、自分の身の安全は確保です。自分の立場で、どう対処したらうまくいくのか、考えながら生きていきたいなと思いました。年齢重ねると、それだけ間に入る技術も向上すると思うので、そう思うと年齢重ねるのも悪くないです。

 生きていて失うものばかりのような気がしていましたが、得るものもあるなと思えました。コロナ禍で閉塞感漂う世の中ですが、生きていて良いこともあります。では(^-^)v

何の花かしら
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。