適応障害

広告

 某女優さんの適応障害による活動休止で、適応障害について見聞きすることが多くなりました。私は自殺未遂して入院していますが、適応障害もあったのかなと思ってきました。私は自宅療養中に躁転したため、双極性障害ということになりましたが。その後、鬱症状が再発する時は環境変化がありました。職場スタッフの入れ替え、転勤、です。

 自殺未遂した時は、加齢というのもあったかなと思います。私が自殺未遂したのは2016年2月。30代後半でした。若さでカバーできなくなって来る、世間の30代後半独身女性への目…。そういうものもストレスだったと思います。私はわりと子供の頃から色々と平均以上だったので、叩かれる経験もほとんどなく、周りから「良い子だね〜」「可愛いね〜」と言われて成長しました。今から思えばほぼ社交辞令だったと思うんですが真面目で小心者で自分に自信のない私は、他者評価で生きていました。30代後半社会人となると、テストがあるわけではないので客観的評価がなくなっています。そこで、ちょっとしたことで自己否定・自責につながってしまう面倒臭い私。

 今わりと安定してしているのは、嫌な人間とは極力距離をおいて、自分を守れているからかもしれません。今は職場の人間も嫌なことを言う人が居ないです。コロナの影響で、一人時間も増えたので、人間関係に精神的に疲弊することもなくなりました。私の場合面倒臭いので、生きているだけでストレスです。でも、今は自然の植物、動物に癒されて、ストレスをそれなりに解消できているのかなと思います。眠るのが得意なので、いつでも眠ってスッキリできますし。

 芸能人や公的立場の方だと、どうしても精神的ストレスが大きいと思います。某女優さんも、ゆっくり休んで元気になって欲しいです。そりゃ疲れますよね…。芸能界に戻る戻らない等も関係なく、1人の人間として幸せになって欲しいです。「幸せ」と言うと、古い人間は結婚・出産が女性の幸せと思っているようですが、そういう立場にない私は十分幸せです。幸せかどうかは本人だけが決められるものです。周りが羨む環境にあっても、本人が幸せと思っていなければ幸せではありません。

 他人のことを悪く言う人間が居なくなってくれれば良いのですが、それは現実的に難しいです。誰に何と言われようと私は幸せだと思えると良いですよね。私はまだその域に達していないです。でも、そのうちそうなりたいです。

本日撮影

 昨日今日とワクチン接種補助業務に従事してきました。コロナワクチンの希釈・充填作業です。思ったよりスムーズにできました。社交辞令だと思いますが、「エアーが全然入ってなくて綺麗です」「おかげで順調に進んでいます」褒めてもらえました。私も他人を褒めるようにしようと思いました。社交辞令だろうなとは思ってはいても、嬉しいものです。

 コロナに関しては、私のような調剤薬局薬剤師も医療従事者優先接種に入れてもらえ、ワクチンの希釈・充填作業に従事させてもらえました。契約書も労働対価の話もなく、良いのかなぁとは思いますが、そういうことも含め今後発展していくんでしょう。コロナは色々な問題を浮き彫りにしたと思います。その問題を解消するのかそのままにするのか試されている気もします。

 コロナワクチン接種業務に関して、人間なので針刺し事故や移動中の交通事故も可能性としてはあります。その場合は労災が適用されるのか等ちゃんとしてもらわないと、安心して従事できません。労働対価も、先に数字等出してくれたら、もっと協力する人が増えると思うんですけどね。私の場合は、自殺未遂して救急車も使ったし、精神科閉鎖病棟にも入ったし、休職中の傷病手当ももらったし、諸々世の中に助けてもらったので、恩返しの意味もあります。借りた恩は返しますよ。倍返しするんだから。

 従事場所が遠いので、昨日はビジネスホテルに宿泊したし、高速道路で帰宅したので、赤字にならないくらいに労働対価が出ると良いなぁとは思っています。

金曜日の朝、モンキチョウ撮影できました♪
モズ。鳥好きな知人に動画を送って教えてもらいました。これも金曜日朝撮影
ビワがおいしそう。これも金曜日出勤前に撮影

 良い週末を(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。