最近の私の双極性障害との距離感

広告

 「Little Glee Monster」の芹奈さんの病名が「双極性障害」「ADHD」であることが公表されたようです。私はADHDと診断されたことはありませんが、双極性障害との診断。仲間だ〜。親近感が湧くので、特別に応援します。私はマライア・キャリーさんが双極性障害と公表した後来日した際に、1人で武道館まで公演を観に行きました。病名公表ってそういう良い点もあると思います。双極性障害と公表した人は、誰であろうと私は応援します。

 さて本題。最近、私の双極性障害との距離感が変わった気がしています。コロナ禍ということもあり、双極性障害の集いやイベントに参加できなくなりました。少し前まではオンラインで参加できるものを探していました。でも、いざオンラインで参加できる集いを見つけた時、結局参加しませんでした。参加する意味が何も見つからなかったんです。

 コロナ禍前は、双極性障害の集いやイベントがあれば、新幹線を使って宿泊してでも参加していました。今から振り返ると、集いやイベントをきっかけに、どこかに出かけたかっただけじゃないかと思ってきました。地方在住なので、都会に行けば、魅力的な芸術作品も観れるし、本の種類も多いし、買い物も楽しいです。生活圏以外に行けば、観るもの食べる物珍しいですし。

 私はある程度、自分が症状が出るパターン等わかってきました。それに、完全に波をゼロにするのは難しいし、ゼロにしようとすると自分らしく生きられなくなります。仕事を失わない程度に波をコントロールできれば良いかなと思っています。症状も出ていないのに常に患者で居ることは疲れます。そういう意味では、コロナで双極性障害とのディスタンスが保たれたのかもしれません。もちろん、普段から再発させないように努力し、定期受診はしますけどね。

 病気なので、自分の努力だけではどうにもできない部分があります。それで調子を崩してしまったのなら、休養するのは当然です。病気なので誰も責められません。私個人は調子崩して仕事から離れることはしたくありません。きっとLittle Glee Monsterの芹奈さんもそうでしょう。責めないで欲しいです。

 私の双極性障害のちょっとしたボランティアは継続します。コロナ禍でも続けられるものなので、やめる理由もないし、お役に立てるだけ嬉しいです。

 こんな感じで、適度な距離感で双極性障害とも付き合っていきたいです。

紫陽花ってホント色々ありますね
何のお花だろう…
もう普通にコスモス咲いてます

 最近は、たまに予約投稿機能を使っています。週末に書き溜めて、適度な感覚で予約投稿。その時間までに書き足すことがあれば書き足しています。Little Glee Monsterの芹奈さんについては、先程知ったので書き足しました。ブログとの付き合い方も模索中です。

 5月も今日で終わり。6月は、ワクチン接種補助業務や職場スタッフの入れ替え等、私の苦手な環境変化がありますが、乗り切りたいです。

 読んで頂き、ありがとうございました(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。