病気公表のタイミング

広告

 某アスリートの病気公表で様々なネット記事が出ていて、つい読んでしまっています。私は自分が双極性障害ということもあり、受け手がどのように感じているのか、気になってしまいます。

 読んでいて思ったのは、やはり「その社会に影響を与えてしまうのならば先に公表」かなと思いました。話題になっているアスリートに関しては、詳細を知らないので、批判するつもりはありません。

 私自身、職場はもちろん、プライベートでもそれなりの付き合いになったら、双極性障害のことは伝えるようにしています。双極性障害のことがある程度わかる人には「双極性障害で…」という感じですが、双極性障害のことを知らないであろう人には「調子悪い時があって」という感じで、伝え方は相手に応じて変えています。そうでないと、失礼かなと考えています。そして、その人が持っているであろうイメージと違う部分も伝えるようにしています。こちらの事情なので、「こんな私で申し訳ない」という姿勢で伝えています。

 以前、職場で、聴力があまりないことを知らされず、精神的に疲弊したことがあります。本人はそこまで周りに迷惑をかけていないと思っていたのか、雇用上の不利益を被るのが嫌だったのか、聴力があまりないことを知られるのが嫌だったのか、わかりません。ただ、私はその事実を知った時に「先に言ってよ」と思いました。知っていれば、こちらも対応し様があります。あのストレスは何だったんだ…。見た目でわからないことは、言わないとわかりません。

 世の中の出来事から学習し、自分がより良く生きられるように技術を磨きたいと思います。生きるのも技術が時には必要かもしれません。ストレスに強い人間であれば、そんな技術は必要ありませんが、私はストレスに弱いので、技術で乗り切ります。

本日撮影。太陽みたいって思いました

 私の住んでいる地域は、明日は天気悪そうです。天気悪い時に車の運転するの嫌なんですが、仕事なので仕方ありません。気をつけて運転します。

 お互い気をつけましょう(^-^)v

ネジバナ。子供の頃からなんか好きです。ねじれているのに綺麗。子供ながらに自分がひねくれていることを自覚していたのかも
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。