ゴールが見えないのはしんどい

広告

 コロナ新規感染者が増加傾向です。新型コロナウイルスによる騒動が始まってもう長いですよね。長期化により、我慢できずに感染というケースも多いかと思います。ゴールが見えないのはしんどいですよね。

千日紅をよく見かけるようになりました

 双極性障害も終わりが見えません。症状発症の原因となっているモノが、個人の努力で排除できるモノならば、終わりがあるんでしょうけど。双極性障害患者の大多数は、個人の努力で排除不能なモノが多いのではないかなと感じます。そういう体質で産まれたと腹をくくり、現実社会で自分が困らないように工夫を凝らすことくらいしかできないようにも思います。私の場合もおそらく排除不能。望みは捨てず分析を続けますが、遺伝してますしねぇ。DNAレベルのモノのように、今は思っています。ある程度パターンや症状悪化の原因は掴めた気もするので、どの程度今後自分が困らないようにできるか、という感じです。

グラジオラスかな。商業施設花壇にて。

 終わりが見えないものって、考え出すと色々あります。でも、いつか死ぬから、終わりはある。そう考えると、ゴールはあります。生きるのはしんどいってことでしょうか。産まれてしまったから仕方ないですね。死ぬまでの辛抱。なーんて。

 そんなことを思った日曜日の朝でした。

 では、また〜(^-^)v

最近このお花もよく見かけます。強いんだろうなという感じであちこち咲いています。ヒメヒオウギスイセンかな。
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。