ヤングケアラー

広告

 最近「ヤングケアラー」という言葉を見聞きするようになりました。言われてみると、私もヤングケアラーでした。親の片方が双極性障害だったので、症状が出ている時は家事をやっていました。私の場合は数年に短期間だけだったので、支障はなかったと思います。逆に、その経験があったから、今の私が居る、という感じです。子供の頃から、努力では何ともできないことがあるという事実を知ることは大事だと思います。なので、ヤングケアラーが可哀想という感情はあまりありません。逆に、教育に良いかなとも思います。過度な家事負担はさせるべきではないと思うので、支援制度が必要とは思っています。

 ヤングケアラーには、親以外の大人の存在は必要かなと思います。私はもう1人の親以外に大人が居なかったです。私の場合は期間が短期間だったのでそれなりに大丈夫でしたが、相談できる大人が居たら良かったなと思っています。それと、子供でもわかりやすい本。私の場合は、大人になってから、本(きょうのお母さんはマル、お母さんはバツ)の存在を知り、私が子供の頃にこの本読みたかったなと思いました。私が子供の頃には存在していませんでしたが。理解ある大人が居なくても、こういう本があればまだマシかも…と思いました。

 どんな家庭でも多かれ少なかれ問題はあると思います。子供が過度な負担を強いられないよう見守り、必要があればサポートするような温かい社会になって欲しいものです。

数日前撮影。職場近くの公園のお花

 最近、ヤングケアラーをサポートする団体が多くなってきました。精神疾患系もあるんですよね。私も協力したいなと思いつつ、新しい人間関係のリスクがあるので、保留にしています。私自身精神疾患当事者なので、積極的に関われないのが残念です。ただ、こういうブログを書くことでも、誰かの何かの役に立てば幸いです。私自身の症状に理解がある団体ならば、参加しても良いと思っていますが、理解があるかないかの判断が難しいです。精神科医が重要なポジションに居る団体(ノーチラス会とか)とかじゃないと、怖いです。もちろん、精神科医だからと言って、理解があるとは限りませんけどね。中身は関わってからでないとわかりませんが、最初は客観的情報から入るしかありません。

 とりあえずは、できることをできる範囲で、ということで、ブログでした。

これも数日前撮影の職場近くの公園の花

 ここ数日涼しいので、体が楽です。土日はワクチン接種補助業務もなく仕事休みなので、のんびりしたいと思います。

 では、良い週末を(^-^)v

千日紅満開
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。