日本の薬の制限は厳し過ぎる

広告

 私は双極性障害と診断されています。現在は精神系の薬の服薬はありませんが、再発した場合薬の服薬が必要になります。精神系の薬は、ほとんどが「車の運転禁止」って感じなんです。コロナ禍で、現在車通勤している私にとっては、かなりネックになります。

 日本独自みたいです。海外はここまで厳しくないようです。「自己責任で」くらいの記載にしてくれれば良いんですけどね。

 私は精神科退院後、復職もして落ち着いてきた頃に、主治医に車の運転を相談したところ「自己責任で」と許可をもらいました。当時「車の運転禁止」って感じの薬は飲んでいました。私の主治医は、私という人間を最優先に考えてくれる人(たぶん)なので、柔軟に考えてくれます。平均的な精神科医は同じでしょう。

 花粉症の薬でも、薬によっては運転禁止です。調剤薬局薬剤師として働いていて、服薬指導に困る問題でもあります。花粉症等そこまで命に関わる薬でなければ良いんですが、飲んでもらわないと困るけど、車の運転できなくなったら患者さんは生活できなくなってしまうというケースもあり、言い方を工夫せざるを得ません。特に地方だと、電車・バス等の交通機関は整っていないので、車の運転が必須になってくる人多いんです。仕事していない高齢者なら、工夫して公共交通機関・タクシーで来てねって感じで言えるんですが、働いている人だと現実的に不可能な場合があります。有休だって現実問題自由に取れませんし、疾患によっては頻繁に受診が必要になります。

 現実に即して、添付文書も変えて頂けませんかねぇ。

今朝、職場近くの公園でキノコ発見!この長雨ですもんね

 しかし、涼しいですね。寒いくらいです。季節が6月くらいに逆戻りしたような気になっています。これでまたあの暑さが来たら、もう無理…。でも、この数日の涼しさで夏場で症状は改善しています。表に出ていないだけの可能性が高いですが。まぁ天候はどうにもできないので、仕方ないですね。

これも今朝撮影

 今日も雨でお花の撮影できないかなと思っていたんです。職場が遠いので、職場近くの公園で時間調整しているんですが、トイレに行きたくなって公園のトイレを借りたところ、済ませたら小雨になっていて。ラッキーと、散歩&撮影。お花の撮影ができるだけで幸せを感じる安上がりな私です。でも、こういう生活のちょっとしたことで幸せを感じられるって、良いことです。双極性障害の鬱症状出ていないなと安心できます。軽躁なのかは心配になりますけど。

 長雨やらコロナやら、落ち着かない日々ですが、そんな中でも幸せを見つけて生きていきたいです。では、また〜(^-^)v

ちょうど蝶蝶が居ました♪
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。