全世帯にカメラ

広告

 コロナの勢い、おさまりませんね。思ったんですが、全世帯にカメラを設置するのはどうでしょう?持ってるタブレットを設置でも良いので、とにかく孤立しないような対策。基本的には居住者が通信を許可しなければ繋がらない設定にしておいて、何らかの差し迫った危機の場合のみ強制的に通信可能にできる、とか。もちろん、強制通信できるのは登録されたところのみ。

 コロナは急変します。感染して自宅療養になったら、ある程度のサポートは必要でしょう。急変したら能動的行動は無理なので、察知できるものが少しでもあれば、なんて思いました。

 ハッキングされる危険はありますが、コロナがおさまったらカメラ撤去すれば良いことですし、不要な時はカメラにシール貼っておけば良いでしょう。コロナ禍の今は、メリットデメリット考えたら、メリットの方が上回ると思います。

 病院にもカメラ設置して、コロナ患者の受け入れや転院等も一括管理。それぞれの病院が対応するではたらい回しで、結局どこにも受け入れてもらえなくなります。体育館とか公民館とか、スペースあれば臨時病床できると思うんですけど…。医師が居なくても誰か居てくれれば、自宅に一人で居るよりマシでしょう。

今朝撮影。ムクゲ

 今朝は、朝から晴れという感じでした。出勤前に寄る公園に行くと、高齢夫婦が散歩していたり、地域猫と戯れるおじさんがいたり、平和な光景。晴れって良いなと、私も日傘で散歩。少し歩くと、公園の広場に出るんですが、若い男性の笑い声が響き渡っていました。10代半ばかな…という感じの男性が10数人でフリスピー。2人一組、3人一組でフリスピーを投げて取って笑って。やっと外で身体動かせたね、と、私も微笑ましく感じ、ニヤニヤして歩きました。公園管理のおじさん達は微笑ましく眺めながら「今は大丈夫だけど…」と、三角コーンを持って何やら相談。確かにこれ以上集まると密になってしまいます。8時半の時点でギリギリ。これからどんどん増えるでしょう。ホントコロナって嫌ねと思いながら、それぞれの立場で皆それぞれやってるよねと思いました。若い人は身体動かしたいし、管理する人は市民を守りたい…そんな気持ちが伝わってきて複雑な朝でした。

 おそらく精神疾患自宅療養中だろうなという男性をよくその公園で見かけるんですが、今日久しぶりに見ました。日光浴したり体操したりしています。ホントに少しずつですが、改善しているように見えます。私自身も精神疾患自宅療養を経て社会復帰した身なので、他人事じゃありません。久しぶりに見かけてホッとしました。

 午後にザーッと雨が降りました。丸1日快晴な日はまだ先のようです。

 先程、ディーラーさんから、新車納車の目処が立ったと連絡がありました。実際の納車は来月下旬の見込み。雨とかコロナとか色々あるので、心配していました。納車の目処が立って良かったです。コロナは落ち着きそうにないので、車を買い換えておいて良かったです。地方ですし、車生活が続きそうです。

 車高が高い方が運転しやすいので、SUVにしたんです。最近雨が多いので、SUVにして良かったと思いました。

キバナコスモスの蜜を吸う蝶蝶。今日のベストショット♪

 ワクチン供給不足で最近はコロナワクチン接種補助業務がありません。確保していると言うけれど、実際には供給されていません。政治家の言葉ってホント信用できません。もはや私の中では、Twitterとか、一般人の生の声の方が信用度が高いです。

 ってことで、土日休み。コロナ禍でどこにも行けませんが、読書でもします。では、また〜(^-^)v

ススキです。秋の気配も感じた今朝でした
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。