車椅子ソフトボール

広告

 パラリンピック開催中もあってか、車椅子ソフトボールのネット記事を見つけ、読みました。車椅子ソフトボールって、車椅子に乗れば、障害者でなくても参加できるそうです。日本車椅子ソフトボール協会のHPを検索してみました。ネット記事が埋め込まれていて、「障害者と健常者が一緒にプレーできる方が楽しい」と書かれていました。私も参加したくなりました。パラリンピックの競技は、一般社会では障害者ではない人も参加しているのかもしれません。

 私は中学生のとき、ソフトボール部に入っていたんです。地方在住の一般40代女性なので、ソフトボールをやる機会はありません。本格的にソフトボールをやるのはちょっとしんどいけれど、車椅子ならできるかもと、思いました。自分の足で走り回るのはもう遠慮したいです。車輪を必死で動かすのは頑張れる気がします。腕が引き締まりそう♪…不毛な理由ですが、それでも良くないですか?楽しむ理由、頑張れる理由は人それぞれ。

 近くにチームあるかなと思って検索したら…ない…。チーン。でも、いまなくても、これからできるかもしれません。自らチーム作ろうとまでの熱意はないですが、チームできたら見学に行ってみたいです。車椅子なら、自然と物理的距離ができるので、コロナ禍では良いスポーツかもしれません。

 私は以前、聴覚障害の人と一緒にテニスをしたことがあるんですが、テニスをすること自体に聴覚の差はあまり出ないので、普通にテニスを楽しむことができました。スポーツすること自体にハンデがなければ、一緒にできます。テニスだと、距離が離れているので声が通りにくい私には手話でのやりとりの方がわかりやすく、手話って便利だなと思ったりもしました。テニスという共通のことをやるので、わからない手話でも雰囲気から理解することができ、手話の勉強にもなりました。

 日常生活で、多種多様な人がハンデがないようにできていれば、多種多様な人が活躍できます。それが、バリアフリーなのかもしれません。

先週撮影

 今日は仕事でしたが、暑かった…。今、血圧測ったら、上が144ありました。ヤバイヤバイ。いつもはそんな高くないですよ。日中無理をすると血圧にも反映されます。体温もいつもより高いです。身体に熱がこもっている…。はぁ。何でこんなに弱いんですかね。室内仕事なのに…。今日は仕事で色々と嫌なこともあり、頑張って仕事する意味がわからなくなりました。ここまで頑張らなくてもよくね?みたいな。

 現状はキャパオーバーです。涼しくなれば大丈夫なんですが、一緒に働いているスタッフは皆さん健康なので、私のしんどさは理解できないでしょう。健康って良いです、羨ましいぞ!今は私は保冷剤で身体を冷やしています。太もも内側に保冷剤を2個置いて、首冷マフラーたまに保冷剤。先程水で四肢だけですがシャワー浴びました。うーん、まだ足りない。全身水シャワー浴びて来ようかな…。

 私は双極性障害もあるし、冬季うつ体質もあるし、婦人科疾患(出血時はしんどい)もあるし、メンタルも身体も健康を感じて過ごせる時間が短いです。最近は、仕事をすることで無理をして、私のメンタルも身体も健康に過ごせる時間を短くしてしまっているような気がします。仕事をすることで得るものも多いんですが、バランスが悪くなっている感じです。正社員ではなく、自宅近くデパートで探そうかな…。

 現状ではテレワークは難しい職種(薬局薬剤師)なので、なかなかねぇ…。思うようにならない現実ですが、折り合いつけて生きていくしかありません。それこそ、パラリンピックに出場している選手は皆、私と比べ物にならないくらい折り合いつけて生きてきたんでしょう。我が儘言ってはいけませんね。冷静に、折り合いをつけたいと思います。冷静な分析・判断が、私のメンタルも身体も健康に過ごせる時間を長くするはず。冷静に、冷静に。

 「無理はしないこと」が双極性障害再発予防の大事なことって、先日双極性障害研究職の方に教えてもらったばかりなんですが、今の環境では無理してしまいます。やっぱり環境変えないとダメですかねぇ…。

 あ、脇に保冷剤挟むといい感じ♪

 では、また〜(^-^)v

先週撮影。オシロイバナの蕾です
広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。