ストレス対策

広告

 今日のコロナワクチン接種補助業務を終えて、無事帰宅しています。ワクチンを充填する際に、バイアルを磁石で巻いて充填したらどうかと提案してきました。あれだけ異物混入の報道があると、ワクチン接種する人は怖いですよね。金属アレルギーがある人は躊躇すると思います。充填作業中、磁石を巻いていれば、シリンジに移行する可能性は低くなります。私個人的には、そのくらいは作業の負担になりません。自分が調整したワクチンで副反応が出るのは、私に過失がなくても嫌なものです。薬剤師が健康に害のあるものを調剤して提供するのはおかしいでしょう。

今朝撮影。宿泊したビジホの近くのサルスベリ

 先日、体調不良で欠勤の連絡をしたところ、体調管理しろと怒りを買った(ブラックだTT)ので、ストレス対策をしています。受診して、職場ストレスと言われたので、職場を変えるのが一番のストレス対策なんですが、ドクターに今は大きな決断はしてはダメと言われているので別のストレス対策です。

 ストレス対策その1。スマートウォッチ。ネットで Mi Smart Band 6 を購入してみました。Amazonプライム会員なので翌日届きました。ストレスが数値で分かるんです。血中酸素飽和度(かな?)も出ます。その他にも色々機能がついていて、すごく良いです。睡眠レベルも分かるようですが、私は睡眠の時は縛り付けるものは身につけたくないので、睡眠時は外しています。座り過ぎ注意みたいなものも出て、健康管理に役立てそうです。体調が回復してきたら、運動の機能も使ってみようと思います。

 ストレス対策その2。車内に造花。先程、図書館日本を返しに行った(結局読み切れませんでしたTT)んですが、帰りにお花屋さんに寄ってみたんです。造花のチャーム、ドライフラワー等売っているお店で、車内にお花があったら癒されるなと思ったんです。色々見ていて、「注文承ります」のメッセージを読んでいると「オーダーメイドもしてますよ」と、女性店員さんが声をかけてくれました。「…お願いできますか?」と言って、現在仕事ストレスMAXで車に癒しが欲しいと、事情を伝えました。高速道路通勤で、この前の大雨の日は高速道路が通行止で帰るのに4時間かかって時には水没して怖くて…と、訴えました。一番のストレスは、職場のオーナーが私を社畜扱いしていることなんですけどね。車を持って来てもらうか写真を撮ってきてもらえると、より希望に添えると言うので、車を持って来ることに。近所なのですぐです。

 車を持って行って、助手席のドアポケットに差し込みたいと伝えました。2階がドライフラワーや造花のスペースになっているからどうぞと案内され、あーだこーだ希望を伝えました。「もっと元気が出るパーッと明るい感じが良い」「私の目にはそれは枯れかかっているように見えるから、もっとフレッシュな感じ」「水が足りないように見えるから、もっと水水しい感じの」等々、言いたい放題。お金出す方ですからね〜。どうせお金を出すならちゃんとしたのが欲しいです。

 車を買い換えて納車待ちだけどストレスMAXで納車まで待てないと言うと、買い換えたら使い回して別のにアレンジすることも可能と。わーい♪買い換えた車は車内が明るいんです。今の車は車内が暗いんです。正反対。でも、何かちょい足しすれば、イメージなんてすぐ変わります。

 月曜日の仕事を終えて帰宅してから受け取りに行くことにしました。楽しみ。

我が家の庭のムクゲ

 お花屋さんで、職場事情を話せたのもストレス対策と言えます。誰かに話すだけでも気持ちは楽になります。私も普段仕事で、聞き役になることありますし。何かのついでの会話って貴重だなと痛感しました。やっぱり「人」の存在は有り難いです。コロナ禍で収入が落ちた人も居るでしょうからお花への出費を減らした人も居るんだろうなと、地元のお花屋さんで買い物するのは地域貢献にもなります。これまた自己満足で、ストレス対策。

 今日は、夕飯はセブンにしました。チゲを買って食べたんですが、美味しかったです。昨日は職場&コロナ接種補助業務地近くのビジネスホテルに宿泊し、夕飯に某チェーン店のチゲを食べたんです。緊急事態宣言下だし、それなりにまだ新規感染者多いし…と、テイクアウトのつもりだったんですが、店内にお客さん誰もいなかったので外食にしました。少し早い時間だったこともあり、貸切で食べました。帰る頃には2人組の男性が来ましたけどね。閉まっているお店も多くて、なんだか寂しかったです。

地域のお花

 明日のお昼は、ふるさと納税でゲットした鰻なので、明日1日のんびりします。1日自宅でのんびりするのは一番のストレス対策かもしれません。今日のワクチン接種補助業務中は元気で「回復したかな」と思ったんですが、帰宅して昼寝してホッとしたら、不調を感じてきました。血圧は下がってきましたが、まだ高かったです。少しずつ、ですかね。

 来週は、精神科受診で1日有休をもらっています。精神科主治医に「先生〜TT」と、話聞いてもらいます。精神科主治医の前ではありのままの自分で居られます。「双極性障害との診断に甘えてはいけない」って思わなくて良い唯一の人間かもしれません。それは医療なのか自分でも分かりませんが、精神科主治医の存在に救われています。精神科主治医は絶対私を応援してくれる…そういうのって、何かあった時の踏ん張りになります。困難にぶち当たった時に、誰か応援してくれる人が居たら頑張れます。私の精神科主治医は、今までずっと私を見守ってくれ、私という人間を信じてくれている気がするんです。私が弱気になった時も、遠回しに励ましてくれました。だから、今の私が居ます。…振り返ってみると、名医かもしれません。双極性障害の知識がどのくらいあるのかわかりませんが、私にとって必要なものを持っている精神科医、かな。私は自分で勝手に調べてああしたいこうしたいと言うタイプなので、今の主治医のようなタイプの精神科医が合います。…早く先生に会いたくなってきた…。

 そんなこんなです。さ。のんびりしますよ!

 皆さんも、必要な時はのんびりしましょう!ちゃんと休息しないと頑張れません。一緒にグータラしましょう(^-^)v

広告

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。