音楽に癒される

 職場ストレスで休職中の私です。全く動けないわけではないですが、心身共にダメージを受けているようです。いつもなら歩ける距離が歩けないですし、自宅ではほぼ重力に逆らえず寝転がっています。今も寝転がってスマホ操作しています。

 自宅で寝転がっている時、ケーブルテレビの音楽番組を流しています。はじめて聞いて涙したのがYOASOBI「ラブレター」。

 なぜかわかりませんが、涙が出ました。私には、支えてくれる人間が複数居ますが、居なくなっても音楽はある、みたいな。そこまで音楽好きではないんですけどね。でも、周りに誰も居なくなっても、人間以外のモノがあると思うと、心強いです。人間があまり居ない自然豊かな場所に行っても良いですよね。海外行っても良いし。…台湾行きたい…。日本嫌だ…。

 「保育園落ちた。日本死ね」ってありました。私に言わせたら「休職する羽目になった。日本死ね」です。日本から離脱したい…。飛躍し過ぎは自分でもわかっていますが、何もかも嫌になりました…。

道路の隙間からニチニチソウ

 そんなこと言っても、簡単に日本から離脱できるわけではない現実があります。

 なんかやる気なくします。頑張っても傷つくだけ。それなら、適当に少しだけやって、後は安全地帯に逃げ込んでいた方が、自分の健康のために良い気がします。

 そんなことで良いんでしょうか。私はどうしましょうかね。しばらくのんびりして考えます。

 この音楽も良かったです。現代の若者思考かもしれません。最後に「試しにちゃんと生きてみよう」ですが、私は今までちゃんと生きてきたつもりです。結果、これです。ちゃんと生きたって自分が損するだけですと言いたくなります。氷河期世代の私とは時代が違うので、若者にはちゃんと生きたのならそれなりの生活を与えて欲しいですが、どうなりますかね。

昨日撮影。公民館の花

 私の今回の休職騒動は、適応障害なのかな…。最初に合意した勤務時間でヘルプ勤務で遠方で働いていたんです。最近、合意した時間より1時間早く出勤するように言われることが多くなり、礼も言われないお金も出ない…。で、残業代請求したら、正社員なんだからもっと働け、と。

 以前からたまにあったんです。私は、事情があるのはお互い様と思って、仕事しちゃったんですよね。結果的に、それがよくなかったんでしょう。当時は、お礼言われたし、早く出勤した分早く帰してくれたんです。最近になって、当然のように言ってきて。私は提示された条件ならこなせるかなと思って合意したので、前日夜に明日1時間早く出勤って頻繁に言われるともたないんです。で、どうにかしてと所属先(所属先とヘルプ先は親族会社の別会社)に相談したつもりだったんですけどね。どうも所属先に、私が合意した勤務条件が伝わっていなかったようで、噛み合わず。親族会社の悪いところです。全部なあなあ…。

 覆水盆に返らず。もう今の会社に居たくないです。転職活動しても、双極性障害があるので、雇ってもらえるか不安です。私の薬剤師人生、終わりでしょうか。休職していなければ、今頃コロナワクチン接種補助業務に従事していたのに。

 双極性障害と診断されていても、雇用してくれるところがあると思いたいですが、期待できない自分が居ます。

 しばらくのんびりします。

昨日撮影。公民館のサルスベリ

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。