ピア活動

 急な退職で無職になった私ですが、某組織でのピア活動は続けさせてもらっています。薬の話になることもあり、早く薬剤師として働きたいなと思います。現場離れると、感覚が鈍りますし、現場に居ないと知らないわからないことは多いです。就職活動頑張ります。ハローワークで手続き中なので、今は身動きとれないんですけどね。

 ピア活動は、楽しさもあります。当事者同士の会話は、当事者でないとわかってもらえないことにわかり合えるという、特殊な感覚があります。脳が似ているんだろうなと感じることも多いです。

 調剤薬局薬剤師として働いている時は、処方薬ありきでの会話になりますが、ピア活動は違います。当事者もその主治医も双極性障害の薬に詳しくないというパターンもあり、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 私の場合は、当事者であり、家族であり、医療者(現在無職だけど)であり、行政書士試験合格者であり…相談範囲が広いです。親の立場には立てないけれど、その子供の立場はわかるので、何とかなります。もちろん全く同じ人間・環境ではないので、限界はあります。

 双極性障害と関わりたくなかったけれど、ピア活動をしている時は、双極性障害での嫌な経験が役に立ちます。双極性障害との関わりはおそらく一生続くので、最大限利用させてもらいます。そうじゃなきゃ、わりにあわない!

 明日は大腸カメラ検査なので、今日はのんびりします。大腸カメラ検査、はじめてなんです。ドキドキ。

 暇だからFP3級受験しようかなと思ってきました。11/30が申込期限。うーむ。

 では、また~(^-^)/

投稿者: ハナ

40代双極性障害当事者女性です。冬季うつ体質です。調剤薬局薬剤師として正社員で働いています。よろしくお願いします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。